カラーリングを長持ちさせるコツ

ヘアサロンで行ったカラーリングを長持ちさせることで、オシャレも長期的に楽しむことができます。
こちらではカラーリングを長持ちさせるコツをご紹介します。

髪や頭皮に優しいケアを行う

市販のシャンプーには洗浄力が強い商品もあります。洗浄力が強いとカラーリングの色素が流れてしまい、色落ちする可能性が高くなります。カラー剤を馴染ませるためにも、カラーリング当日のシャンプーは控えるようにしましょう。シャンプーを使用する場合は、ヘアカラー用などのシャンプーを選ぶことをおすすめします。

また、髪を洗うときのシャワーの温度なども、カラーリングを長持ちさせる重要なポイントの1つです。温度が高すぎるとカラー剤が溶けやすくなるため、38℃くらいのぬるま湯で洗うと髪を労わることができます。

また、髪や頭皮にワックスなどの残留物があると、カラーの染まりや持ちが悪くなることもあります。髪のケアだけでなく、頭皮のケアを行うことも大切です。頭皮ケアとしては、ヘアサロンのヘッドスパを利用するといった方法があります。

髪の水分量を適度に保つ

カラーリングを長持ちさせるためには、髪の水分量を適度に保つ必要があります。シャンプー後に髪を乾かす際は、ドライヤーを髪から10cm以上離し、髪の根元から素早く乾かします。ただ、ドライヤーのかけすぎも色落ちの原因となるため、8割くらい乾かした後は自然乾燥させるのがポイントです。タオルドライをしておくと、ドライヤーの時間を短縮できます。また、髪を乾かした後や就寝前にヘアトリートメントをつけると、髪の毛を摩擦から守り、保湿効果も高める事ができます。

少し手間はかかりますが、丁寧なヘアケアを行うことでカラーリングを長持ちさせ、お気に入りの髪色でおしゃれを楽しめます。カラーが抜けやすい方は上記も参考にしてみて下さい。

東京都世田谷区にあるヘアサロンAylluでは、カット・カラー・パーマ・高濃度炭酸ヘッドスパなどのメニューをご提供しております。ロハス・リラックス・デトックスをテーマに、健康な髪づくりをサポートいたします。京王線千歳烏山駅の南口から徒歩1分とアクセスもしやすいヘアサロンですので、お気軽にご利用下さい。

Aylluバーチャルツアー

全方位、360°どこでも見ることが出来ます。歩き回る事も出来ますよ。

WEB予約

おすすめメニュー

  1. ヘアーホスピ
  2. ルビオナカラー
  3. 復元ドライヤー
  4. Moii(モイ)

最近の記事

Follow Me!

    Facebook Google Instagram
ページ上部へ戻る